実際のお金でFX取引を始める前に、デモトレードを利用して取引の練習をした方も多いと思います。デモの時なら負け知らずでも、実際にリアルトレードをやってみると、負けてばかりといった経験はありませんか?その原因の一つには、メンタルな部分も関係していると考えられます。それでは、FX取引においてメンタルとは重要なのでしょうか。まず、デモトレードの場合。相場が不利な方向へ動いている場合、損失額が10万円、20万円となっていくことも珍しくありませんね。時には、何百万円もの損失を出してロスカット直前まで行く時もあるでしょう。けれど、デモトレードの場合には、実際に損失を被るわけではありませんから、不利な相場の場合でも、落ち着いて次の流れを予測することができるでしょう。ところが、これが実際の取引となるとそうは行きません。実際に何十万円もの含み損を抱えると、不安ばかりが募っていき、気持ちにゆとりがなくなり、冷静な判断ができなくなってしまいます。結果として、一番不利なタイミングで損切りをしてしまったり、切らなければならない局面でつい持ち越してしまったりするのです。また、大きな損失を出したばかりの時には、頭に血が上ってしまうことも多いでしょう。早く負けを取り戻そうと、入るタイミングを間違えたり、トレードも雑になったりして、再び損失を出してしまう可能性が高くなります。このような失敗をしないようにするためにも、まずはメンタル部分を鍛えることがとても重要なことになってくるのですー